角盈男さん 10週連続“フライデー”された20代のヤンチャ酒

公開日: 更新日:

 1980年代、巨人のリリーフ投手として活躍。サイドスロー投法が印象的だった角盈男さん(62)。92年に現役引退後は野球解説者やタレントとして活動し、09年からは東京・恵比寿で昭和歌謡曲バーを経営している。酒は“人生最高の友”だそうだ。

 ◇  ◇  ◇

 酒は大好き。人生の楽しみの半分以上を占めている“人生最高の友”です。土地のものを食べて飲んでしゃべって記憶がなくなる(笑い)、陽気な酒です。陽気になりすぎて、売りに行くと言っている知り合いの車の屋根にのぼって踊ってデコボコにしちゃって、翌日「おまえのせいで査定が下がった」と怒られたことがあります(笑い)。

 今は店のお客さんと一緒に飲み、多い時は一晩でシャンパンを9本。ピッチが速いんです。シャンパンやワインが好きでシャンパンはローランペリエがお気に入りです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  6. 6

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  7. 7

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

もっと見る