井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

ショーケンの破天荒さを抜くことができる若手俳優はいない

公開日: 更新日:

 我ら中学生の前に初登場したのは、1968年のザ・テンプターズのボーカルでロン毛の不良面だ。「エメラルドの伝説」や「神様お願い!」は最高にイカしていた。Rストーンズばりの歌いっぷり、京都のホール(今はクラブ)出演時は、女子たちが熱狂のあまり、白目をむいて口から泡を吹いて失神した。我ら昭和の青春っ子は、今でも「遠い日のぉ~君の幻を~追いかけてもぉむなしーい」と歌詞を暗記していて絶叫する。タイガースの品の良さより、哀愁漂う不良性が好きだった。バンド活動後は映画俳優となって、74年に「青春の蹉跌」でキネ旬主演男優賞。「太陽にほえろ!」でも走り回っていたが、どこから見ても刑事役に見えず、ひとり浮いているのがまた頼もしくて良かった。78年のドラマシリーズ「死人狩り」の刑事役では演技も堂に入ってカッコ良かった。プー太郎同然の我らは毎週土曜の夜、欠かさずに見た。柳ジョージの歌う「雨に泣いている」が切なく胸を打った。あの頃はこんな鋭角なリアル刑事物が東映の鬼才工藤栄一や、大映映画のエース田中徳三の演出手腕により異彩を放っていた。

 映画もドラマも確実に昭和時代の方が優れていた。役者の演技や現場の作り方に熱がこもっていた。我ら売れないピンク監督モドキは、どうしたらそんな場所に上昇できるのかと底辺で苦悶していた。ショーケンと相まみえることはなかったのが心残りだ。今、彼の破天荒さを抜く若い俳優はいそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る