脱“日枝院政”なるか…低迷フジ遠藤新社長「令和」の一手

公開日: 更新日:

■趣味の将棋は玄人はだしの大食漢

 185センチの長身で慶大時代は将棋部。棋力は趣味のレベルを優に超えており、アマ五段以上とも。

「幼稚舎からの慶応ボーイですが気取ったところはまったくなく、普段は冬でもサンダル履きです。いまも棋士との関係は深く、最近も将棋の研究会で四段のプロ棋士をコロリと負かしたほどの腕前です」(親交のあるマスコミ関係者)

 前任の宮内社長は「視聴率は底を打った」と発言していたが、民放テレビ、中でもフジを取り巻く状況は楽観視できるものではないはず。

「お台場の天皇として君臨している日枝久氏は取締役相談役として残留。来年の東京五輪までは日枝“院政”が続くといわれているだけに、遠藤新社長の独自色を発揮するのはなかなか難しいでしょう」(別のフジ関係者)

 令和の新時代、お台場の舵とりを託された遠藤新社長に妙手はあるのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る