二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

デビュー48年の郷ひろみはアイドル歌手として令和も進化

公開日: 更新日:

 池袋サンシャインシティ噴水広場はアイドルの聖地と言われ、デビュー時のアイドル歌手が第一声を披露する。吹き抜けの会場はステージを囲むように3階までお客は並び、上からアイドルの雄姿を見る。かつてのデパートの屋上の特設ステージでは目の前に歌手がいたが、ここでは一味違う形で歌手を見られるのも特徴。聖地に立つのは明日のスターを夢見る子たちだが、最近は客の心理にも変化が見られる。

「この子はスターになると見込んだ子を見つけ、応援を続ける。本当にスターになった時の喜びを共有したい」というファンの声をよく耳にする。代表的な例がジャニーズジュニアやAKB48を応援する人たち。明日のスターを一緒につくり上げていく。それも時代の流れ。

 アイドルの聖地が若い子に囲まれた華やかな場所なら、演歌歌手は下町に残る昔ながらのレコード店にある。先日、赤羽のある商店街のレコード店に女性演歌歌手の姿があった。買い物帰りのオバちゃんやオジさんたちが店の外にまであふれ、至近距離でデビュー曲を歌う。「お姉ちゃんうまいね。早くスターになれよ」と昼から赤い顔したオヤジの声が飛ぶ。昭和が残る光景がそこにある。さらには夜の繁華街のスナックで酔客相手に実売を兼ねた新曲キャンペーンをするのも演歌歌手ならではの聖地。偶然でも聴いた人が、売れた時に「あの時歌っていた子」とファンになるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る