二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

デビュー48年の郷ひろみはアイドル歌手として令和も進化

公開日: 更新日:

 池袋サンシャインシティ噴水広場はアイドルの聖地と言われ、デビュー時のアイドル歌手が第一声を披露する。吹き抜けの会場はステージを囲むように3階までお客は並び、上からアイドルの雄姿を見る。かつてのデパートの屋上の特設ステージでは目の前に歌手がいたが、ここでは一味違う形で歌手を見られるのも特徴。聖地に立つのは明日のスターを夢見る子たちだが、最近は客の心理にも変化が見られる。

「この子はスターになると見込んだ子を見つけ、応援を続ける。本当にスターになった時の喜びを共有したい」というファンの声をよく耳にする。代表的な例がジャニーズジュニアやAKB48を応援する人たち。明日のスターを一緒につくり上げていく。それも時代の流れ。

 アイドルの聖地が若い子に囲まれた華やかな場所なら、演歌歌手は下町に残る昔ながらのレコード店にある。先日、赤羽のある商店街のレコード店に女性演歌歌手の姿があった。買い物帰りのオバちゃんやオジさんたちが店の外にまであふれ、至近距離でデビュー曲を歌う。「お姉ちゃんうまいね。早くスターになれよ」と昼から赤い顔したオヤジの声が飛ぶ。昭和が残る光景がそこにある。さらには夜の繁華街のスナックで酔客相手に実売を兼ねた新曲キャンペーンをするのも演歌歌手ならではの聖地。偶然でも聴いた人が、売れた時に「あの時歌っていた子」とファンになるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る