映画監督・降旗康男さん肺炎で死去 高倉健とコンビで20作

公開日: 更新日:

 故高倉健との名コンビで、「網走番外地」シリーズや「駅STATION」「居酒屋兆治」「あ・うん」「鉄道員(ぽっぽや)」など数多くの名作を生み出した映画監督の降旗康男氏が今月20日、肺炎のため亡くなっていたことを26日、東映が発表した。84歳だった。

 1934年、長野県松本市生まれ。東大仏文科卒後、57年に東映入社。74年にフリー転身後は高倉健(14年没)とコンビを組み「ホタル」「あなたへ」まで20作を製作した。

 映画関係者らでつくる「映画人九条の会」の呼びかけ人も務めるなど反戦平和の志を貫いた降旗監督。また一人、戦争を知る世代がこの世を去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る