ジャズシンガーMAYA ヒットの陰に名伯楽・寺本幸司の存在

公開日: 更新日:

 ベテラン・ジャズシンガーMAYAの新譜CDが先ごろ、Amazonのジャズ・歌謡曲両部門の売り上げランキングで1位を獲得し、話題となった。5月15日に発売された「しろいくろ」(テイチクエンタテインメント)がそれ。

 MAYAは2004年にメジャーデビュー。ジャズやポップスなどのジャンルを超えた独自の世界観をベースに、これまで16枚のアルバムをリリース。ジャズ専門誌「スイング・ジャーナル」で2度もゴールド・ディスクを受賞した実力派だ。

 ジャズにとどまらない彼女の才能に注目し、今回のアルバムを手掛けたのが音楽プロデューサーの寺本幸司氏(80)。これまで浅川マキ、桑名正博、りりィ、イルカ、下田逸郎ら個性的な歌手を発掘してきた。

「『朝日楼』(原曲は『朝日のあたる家』)という浅川マキが日本語詞を書いた歌があり、ほかの歌手が歌うことをマキが嫌い、ちあきなおみにしか歌うことを許さなかった。2年前、その歌をMAYAの歌唱で聴いた時、彼女の中にマキと同じ『時代の闇』を見た気がして、彼女のオリジナルアルバムを世に出したいと思ったのです」(寺本氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

もっと見る