井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

首から「御札」ばりに入館証をぶら下げるサラリーマンよ

公開日: 更新日:

 新宿の人いきれが嫌いで久しく出歩かなくなったが、マフィアと資本主義についての映画「ゴッドファーザー」がどういう風の吹き回しか、再上映されていると聞いたので、よっし行くかと腰を上げかけたら何のことはない。朝10時からの1回こっきり上映だった。もう正午すぎやないか。切り落とされた馬の生首がハリウッドの大物プロデューサーの寝室のベッドに放りこまれてる場面なんて朝っぱらから見るもんじゃないし、諦めるしかなかった。

 20代はもちろん、40すぎでもこの名作をちゃんとスクリーンで見た人間はごくわずかなはずだ。だから朝から上映しているというのではない。この先、年金じゃ生きられないし、2000万円は必要だぞと金融庁に脅かされ、麻生デタラメ大臣にうやむやにされている「シルバー世代」のためにモーニング上映されているのだ。

 でも、2000万円も貯めなきゃならないなら、うかうか映画にも行けないなと焦り始めたシルバーたちもいるだろう。そこへもって、都心じゃ映画チケットも値上げされるとか。映画代なんて今よりもっと安くていいのにと思うが。それにしても、わざわざ「ゴジラ」ごときにカネを捨てに行くほど暇じゃないし、新宿に出て、冷コ(アイスコーヒー)を飲みながら、ゆっくり新聞が読める純喫茶がどこにあるのやら、探すだけで疲れてしまう。だから、めっきり出なくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る