井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

首から「御札」ばりに入館証をぶら下げるサラリーマンよ

公開日: 更新日:

 新宿の人いきれが嫌いで久しく出歩かなくなったが、マフィアと資本主義についての映画「ゴッドファーザー」がどういう風の吹き回しか、再上映されていると聞いたので、よっし行くかと腰を上げかけたら何のことはない。朝10時からの1回こっきり上映だった。もう正午すぎやないか。切り落とされた馬の生首がハリウッドの大物プロデューサーの寝室のベッドに放りこまれてる場面なんて朝っぱらから見るもんじゃないし、諦めるしかなかった。

 20代はもちろん、40すぎでもこの名作をちゃんとスクリーンで見た人間はごくわずかなはずだ。だから朝から上映しているというのではない。この先、年金じゃ生きられないし、2000万円は必要だぞと金融庁に脅かされ、麻生デタラメ大臣にうやむやにされている「シルバー世代」のためにモーニング上映されているのだ。

 でも、2000万円も貯めなきゃならないなら、うかうか映画にも行けないなと焦り始めたシルバーたちもいるだろう。そこへもって、都心じゃ映画チケットも値上げされるとか。映画代なんて今よりもっと安くていいのにと思うが。それにしても、わざわざ「ゴジラ」ごときにカネを捨てに行くほど暇じゃないし、新宿に出て、冷コ(アイスコーヒー)を飲みながら、ゆっくり新聞が読める純喫茶がどこにあるのやら、探すだけで疲れてしまう。だから、めっきり出なくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)