“闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

公開日: 更新日:

 カラテカ入江慎也(42)らが反社会的勢力が主催するパーティーで「闇営業」をしていた問題。すでに入江は吉本興業を契約解除となっているが、騒動は収束の気配を見せず、ますます波紋が広がっている。

 パーティーに参加していた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)は、「ギャラはもらっていない」と釈明したが、同じ吉本興業所属のダウンタウン松本人志(55)はフジテレビ系「ワイドナショー」(9日放送)で、「(ノーギャラということは)正直、ないと思う。どういうふうに配分されたかは分からないけど」とコメントした。

 発売中の「FLASH」では、特殊詐欺グループの金庫番だったという男性が仲介役の入江の口座に300万円を振り込んだと証言。「100万円は宮迫のギャラ、30万円は入江の手数料、残りの170万円を他の芸人で分ける」と説明されたと言う。また入江らは、パーティーの主催者が特殊詐欺グループであることは知っていたはずだと証言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  7. 7

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  8. 8

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

もっと見る