村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」2020年ホリプロが舞台化

公開日: 更新日:

 村上春樹の長編小説「ねじまき鳥クロニクル」(新潮社)が2020年2月に舞台化されることが分かった。12日の読売新聞が報じた。

「ねじまき鳥――」は1994年から95年にかけて発行された3部作の長編。妻と暮らす主人公「僕」が飼い猫の失踪をきっかけに、さまざまな出来事に巻き込まれる内容だ。日本と旧ソ連が衝突したノモンハン事件が取り上げられるなど構成が複雑なため、舞台化は困難とされてきた。今回、ホリプロが国際的なスタッフを集めて実現させる。

 演出は舞台版「100万回生きたねこ」などを手掛けたイスラエルのインバル・ピントが中心で、脚本は蜷川幸雄も認めた気鋭の藤田貴大らが担当する予定という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る