作家の担当編集者がゲスト出演も 人気の「読書会」の中身

公開日:

 銭湯とマンガがコラボしたこともある。東京・高円寺にある銭湯・小杉湯では先月末、人気マンガ「宇宙兄弟」全巻が待合室に完備されるコラボイベントが行われた。イベント最終日の28日には読書会も開かれ、ファンが集まって大盛況だったという。実はいま、各地で読書会が頻繁に開かれている。どのようなことが話されているのか。各会の担当者に聞いた。

◆みんなの読書会

 小説や絵本からビジネス書まで、幅広く扱う読書会。開催場所は、本とお酒が楽しめる東京・渋谷の「森の図書室」やイベントスペース、書店の一角など。参加者は、20代後半から30代の社会人が中心という。

「テーマは毎回さまざまで、12月6日に開催するときは、東野圭吾さんのガリレオシリーズ最新作『沈黙のパレード』について意見を交換します。当日は、担当編集者もゲストで登場する予定です。あらかじめテーマが決まっていることもあれば、そうでないこともあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る