香取慎吾に救いの手 公取委注意で分かった萩本欽一の偉大さ

公開日: 更新日:

 83年頃には「欽ドン!」「欽どこ」「週刊欽曜日」という1週間の冠番組の合計から“視聴率100%男”の異名を取り、改編期や年末には局をまたいで3つの番組が集結する欽ちゃん特番が持ち回りで放送されていた。これらの番組では素人同然の若手を起用し、成長していく過程を見せた。

 現在のテレビ界でも使われるさまざまな手法を編み出した“ミスター・テレビジョン”の意向だからこそ、「仮装大賞」の香取慎吾司会が継続したと考えても違和感はない。

■香取慎吾に惚れ込んだ萩本欽一

 なぜ、萩本は香取に「『仮装』をあげたい」というほど惚れ込んでいたのか。

 1994年10月開始の「よ!大将みっけ」(フジテレビ系)でレギュラーに抜擢した頃、当時54歳の萩本は17歳の香取をこう評していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  5. 5

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る