香取慎吾に救いの手 公取委注意で分かった萩本欽一の偉大さ

公開日: 更新日:

〈慎吾ちゃんはことばが正直で裏がないからおかしいの。失敗を恐れなくてことばが素直。つくってないから仕事抜きに笑えるのね。バカやりはじめたらとてつもないところまでいっちゃって、届かないくらい〉(『ザテレビジョン』1995年3月10日号)

 数々の才能を見いだしてきた萩本は、香取のバラエティー対応力に感心していた。それに呼応するかのように、香取もこう話していた。

〈小さいころから、人を笑わせるのが好き。収録ごとに雰囲気が変わるバラエティーの舞台でどんなアドリブを飛ばせるか、自分でも楽しんでます〉(『読売新聞 夕刊』1994年12月19日付)

「よ!大将みっけ」は残念ながら半年で終了した。その後も萩本は香取との新番組構想を周囲から持ちかけられていたが、「視聴率を取れないと迷惑を掛けるから」と断っていたことも、前述の「おじゃMAP!!」内で明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  8. 8

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る