二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

家族でロス移住…小栗旬主導で活気づく日本の若手俳優勢

公開日: 更新日:

 来年公開のハリウッド映画「ゴジラVSコング」の撮影に向けて小栗旬(36)がロスに居を構え、妻・山田優(35)と2人の子供を連れて生活するという。初の海外進出には「日本での集客効果を狙った起用では」という声もあるなかロスに腰を据えて挑戦する小栗。そこにはさまざまな思いも見えてくる。

 これまで何人もの俳優がハリウッドに渡ったが、成功者と呼ばれるのは渡辺謙と真田広之ぐらい。いまだにハリウッドの壁は高い。舞台監督の父と元俳優の兄のいる環境で育った小栗は子供の頃から「ハリウッド進出」は夢だったという。子役から芸能界に入り、蜷川幸雄演出の舞台でも鍛えられ、ドラマ・映画と幅広いジャンルで活躍。当初、ビジュアル人気優先のイケメン俳優のようにみられていた。

 話題になるのも女性とのゴシップが多かったが、2012年、結婚を機に公私とも一変。2人の子供と妻を大切にする家庭中心の生活。仕事も映画やドラマに専念。「茶の間をうならせる演技」と評された。所属する事務所も映画プロデューサーが設立した「本物志向のマネージメント」をモットーとしており、事務所の後押しも大きい。アイドル・芸人を専科とする事務所はあるが、若手俳優に特化した形でやっている事務所は意外と少ない。所属も小栗だけでなく、綾野剛、田中圭、木村文乃ら今のドラマ界を引っ張る面々が揃っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る