二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

家族でロス移住…小栗旬主導で活気づく日本の若手俳優勢

公開日: 更新日:

「ロスにも事務所があり早くから俳優を進出させたい計画があった。小栗の進出も単発に終わらせるつもりはなく、他の若手俳優に見本を示し、後輩たちに続いて欲しいとの願いもある。長年培った演技力と自身のプロデュース力もある小栗は、さらなる飛躍を目指すためにもロスで生活することにしたのでは。中途半端で通用する世界ではありません」(芸能関係者)

 小栗の仕事に対する姿勢は後輩たちにもいい影響を与えている。自ら主催する「小栗会」は事務所の垣根を越え長く続いている。若手俳優を集め、酒を酌み交わしながら演技論から相談事まで熱く語り合っているという。

 かつて、松田優作や桃井かおりらが居酒屋で周囲を気にすることなく喧嘩腰に熱く語り合うのを見たことがあるが、古き良き伝統を小栗が引き継いでいるようにも見える。

 事務所主体で何事も決める傾向のある芸能界だが、俳優が中心に動くほうが自然と活気づくもの。今年は特に若手俳優の動きが活発化している。今年公開の主演映画でも松坂桃李の3本を筆頭に小栗、綾野、菅田将暉が2本と続き、木村拓哉、岡田准一らジャニーズ勢も話題映画に主演している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る