二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

家族でロス移住…小栗旬主導で活気づく日本の若手俳優勢

公開日: 更新日:

「ロスにも事務所があり早くから俳優を進出させたい計画があった。小栗の進出も単発に終わらせるつもりはなく、他の若手俳優に見本を示し、後輩たちに続いて欲しいとの願いもある。長年培った演技力と自身のプロデュース力もある小栗は、さらなる飛躍を目指すためにもロスで生活することにしたのでは。中途半端で通用する世界ではありません」(芸能関係者)

 小栗の仕事に対する姿勢は後輩たちにもいい影響を与えている。自ら主催する「小栗会」は事務所の垣根を越え長く続いている。若手俳優を集め、酒を酌み交わしながら演技論から相談事まで熱く語り合っているという。

 かつて、松田優作や桃井かおりらが居酒屋で周囲を気にすることなく喧嘩腰に熱く語り合うのを見たことがあるが、古き良き伝統を小栗が引き継いでいるようにも見える。

 事務所主体で何事も決める傾向のある芸能界だが、俳優が中心に動くほうが自然と活気づくもの。今年は特に若手俳優の動きが活発化している。今年公開の主演映画でも松坂桃李の3本を筆頭に小栗、綾野、菅田将暉が2本と続き、木村拓哉岡田准一ジャニーズ勢も話題映画に主演している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  8. 8

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  9. 9

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

  10. 10

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

もっと見る