横浜銀蠅が復活 80年代ブームの裏に中高年のノスタルジア

公開日: 更新日:

 1980年代に「ツッパリHigh School Rock’n Roll(登校編)」などを大ヒットさせた横浜銀蝿が、デビューから40周年となる来年2020年、オリジナルメンバー4人で再結成するという。

 来年2月にオリジナルアルバムとベスト盤をリリースし、東名阪などでのツアーに出る。そして12月末で活動終了する期間限定の復活だ。

 横浜銀蝿はリーゼントにサングラス、ライダースの革ジャン、白のドカン(ズボン)をトレードマークに80年にデビュー。アルバム「ぶっちぎり」、シングル「横須賀Baby」の同時発売で話題を集め、ツッパリ(不良)や暴走族といった当時の世相と相まって、社会現象にもなった。

「再結成のきっかけは、彼らの育ての親で、音楽プロデューサーの水橋春夫さんが亡くなったこと(享年69)。しのぶ会で還暦を過ぎた翔とJohnnyが再会し、再始動の話になっていったそうです。今回の目玉は、ギターのJohnny。83年12月に解散後、キングレコードに就職し、現在は執行役員を務め、他の3人が新メンバーを加えるなどして音楽活動を続けてきたのとは一線を画してきた。それが解散後、初めて戻ってくるというのですから、ファンはたまらないでしょう。今の時代にウケるかはともかく、メンバーたちは『ツッパリオヤジ還暦編』と盛り上がっているようです」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る