横浜銀蠅が復活 80年代ブームの裏に中高年のノスタルジア

公開日: 更新日:

 1980年代に「ツッパリHigh School Rock’n Roll(登校編)」などを大ヒットさせた横浜銀蝿が、デビューから40周年となる来年2020年、オリジナルメンバー4人で再結成するという。

 来年2月にオリジナルアルバムとベスト盤をリリースし、東名阪などでのツアーに出る。そして12月末で活動終了する期間限定の復活だ。

 横浜銀蝿はリーゼントにサングラス、ライダースの革ジャン、白のドカン(ズボン)をトレードマークに80年にデビュー。アルバム「ぶっちぎり」、シングル「横須賀Baby」の同時発売で話題を集め、ツッパリ(不良)や暴走族といった当時の世相と相まって、社会現象にもなった。

「再結成のきっかけは、彼らの育ての親で、音楽プロデューサーの水橋春夫さんが亡くなったこと(享年69)。しのぶ会で還暦を過ぎた翔とJohnnyが再会し、再始動の話になっていったそうです。今回の目玉は、ギターのJohnny。83年12月に解散後、キングレコードに就職し、現在は執行役員を務め、他の3人が新メンバーを加えるなどして音楽活動を続けてきたのとは一線を画してきた。それが解散後、初めて戻ってくるというのですから、ファンはたまらないでしょう。今の時代にウケるかはともかく、メンバーたちは『ツッパリオヤジ還暦編』と盛り上がっているようです」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る