井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

“匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

公開日: 更新日:

 加藤紗里が目指している炎上商法のキモは、自粛警察やネット自警団をはじめとするアンチを相手に「向かっていかない」「噛み合った言い争いをしない」ということだ。

 全国一斉に行われるフルボッコのイジメのようになりがちな最近の炎上では、批判を真に受けると疲弊して心が折れてしまう。大胆に無視すれば、確かに批判の声は一時的に大きくなるが、その分、メディアに取り上げられる機会も増え、宣伝効果も持続する。場合によっては、炎上被害者の地位を手に入れられる可能性も出てくる。

 加藤をはじめ、炎上慣れしてきた芸能人や著名人は、コメント欄を閉じるなどの対策をした上で、SNSや掲示板サイトに集うアンチを丸ごとスルーできる強いハートを獲得すると同時に、炎上における主導権の握り方をマスターしつつあるように見える。実際、批判も擁護もどちらとも噛み合わない炎上のケースが目立ってきた。その代表が、いわゆる「におわせ」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る