著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。 日刊ゲンダイDIGITALで連載「名門校のトリビア」を書籍化した「名門校の真実」が好評発売中。

古関裕而が飲んだコーヒーは1杯10銭 現在に換算すると…?

公開日: 更新日:

「エール」再放送シリーズも残すところ、あと1週となった。結局、中断前の13週(65回)をすべて放送。もっと早く再開されると思っていたので、長かったというのが正直な感想だが、ここまでくれば中途半端に再放送が途切れても逆にわかりにくい。9月14日の再開は第14週からのスタートなので、ストーリーのつながりはバッチリだ。

 第12週(9月1~5日)は「アナザーストーリー」と題し、古山音(二階堂ふみ)の父・関内安隆(光石研)があの世から戻ってきたり、若き日の双浦環(柴咲コウ)のパリでの恋などがオムニバス形式で描かれる。その中の1話で明かされるのが喫茶店「バンブー」の店主・梶取保(野間口徹)と恵(仲里依紗)のなれ初め。恋のキューピッドが子供時代の佐藤久志(山崎育三郎、子役・山口太幹)だったという話が紹介される。

 今回注目するのはそうしたエピソードではなく、当時の喫茶店事情。主人公・古山裕一(窪田正孝)はバンブーに入り浸り、そこで作曲をしたり、仲間たちと会ったりと、非常に重要な場所になっている。古山のモデルである古関裕而も1930年秋に福島から上京して以来、喫茶店には足繁く通ったようだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方