田中幾太郎
著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。

島倉千代子をスターダムに押しあげた作詞家・野村俊夫

公開日: 更新日:

 福島三羽ガラスの古山裕一(窪田正孝)、村野鉄男(中村蒼)、佐藤久志(山崎育三郎)。第14週までは、3人が揃うのは村野が経営するおでんの屋台での場面がほとんど。第15週(9月21日~)でようやく、仕事でも福島三羽ガラスが一緒になって活躍するシーンが描かれる。

 古山が作曲して、村野が作詞して、佐藤が歌う。そうして3人が揃い踏みして出した初めてのレコードが戦時歌謡「暁に祈る」である。同名の映画の主題歌だったこの曲は大ヒットする。今回は村野のモデルである作詞家・野村俊夫にスポットをあてる。

 1940年に発売された「暁に祈る」はどれくらい売れたのだろうか。レコード販売枚数の総数は調べきれなかったが、43年8月~44年8月の1年間で4万1000枚が売れたと記録に残っている。これで「大ヒット」というのは首を傾げざるをえないが、太平洋戦争ですでに日本が劣勢に立たされていたことを考えれば、この数字は凄い。物資が市場からどんどん消えていた時代なのだ。空腹にあえぎながらも、音楽に渇望する人々がたくさんいた証拠だろう。戦時歌謡といっても、野村俊夫の書く詞はどこか物悲しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る