ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

俺の息子が憧れの「2世タレント」になっちゃった

公開日: 更新日:

 今回は、クルクル~カランと人生ルーレットは回さず現在! 2020年秋の話です。

 俺もこの芸能界という世界に入って、かれこれ40年近くの年月を過ごしているのですが、その間ず~っと心密かに羨望のまなざしで見てきた方たちがいるのです! でも、それはいくら俺が憧れ続けようが努力に努力を積み重ねようが、決してその人たちにはなれない宿命なのです!!

 それは「2世タレント」なのです。

 確かに、「長嶋一茂ってプロ野球での成績も残してないのに好き勝手なことを言って売れてるけどさ~、しょせんミスタープロ野球・長嶋茂雄さんの息子だからズルいよな~」とか、「林家三平師匠だって『どうもスミマセン』の昭和爆笑王・初代三平師匠の子供だから『笑点』出てるんじゃん!!」と、貧乏人のヒガミ根性丸出しで俺は正直時々言います!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る