舞台俳優は腕がしっかりしてないと通用しない、日々勉強

公開日: 更新日:

 刑事、気のいいおじさん、時代劇の悪役と、幅広い演技で映画、テレビドラマなどで活躍する石倉三郎。彼が元コント・レオナルドという芸人だったことを知らない人が多い。今回は三郎の波乱に満ちた芸人渡世と俳優人生を、たっぷり語ってもらった。まずは、近年増えている劇場出演について伺おう。

  ◇  ◇  ◇

「11月は15日まで明治座公演に出てました。檀れいさんと中村橋之助さんの『恋、燃ゆる。』で、俺は橋之助さんの相談に乗る住職の役。これまでは使い込みをする商家の番頭みたいな敵役が多かったんで、坊さん役は悦に入ってました」

 映画やテレビドラマと舞台の芝居はどこが違うのだろうか。

「舞台のいいところは、毎日同じ芝居をやってるんで、役を作り込めるということですかね。舞台俳優は腕がしっかりしてないと通用しません。いまだに日々勉強ですな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る