二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

公開日: 更新日:

 ある秋の土曜日だった。原宿駅前の特設会場で開催されるモーターショーにかおりんがモデルとして出ると聞き現場に向かった。マツダのブースだったと記憶する。かおりんがいることを確認。遠目から見てもミニスカートから伸びた美脚と笑顔がすてきな美人だった。

 直撃するタイミングを待った。夕方、ショーが終わり控室に戻るところを直撃した。すでに聞いていたフルネームで彼女であることを確認。「木村さんと付き合っていますよね」と聞くと、「えっ」と笑いを浮かべながら首を振り、足早に去って行った。取材にはならなかったが、ようやく噂のかおりんに当たっただけで満足するような貴重な体験だったと今も思う。

 2人は9年近い交際だったというが、結婚には至らず破局を迎えていた。破局後のかおりんにもメディアは「なぜ、別れたのか」に関心を持ち、彼女を探す動きもあったが、やがてそれも沈静化していった。

 木村はその後、工藤静香と2000年に電撃結婚。自ら囲み会見で結婚を報告し、大きなニュースとなった。それはジャニーズ内の恋愛・結婚に関する革命となっていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る