城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

20歳になった岡田結実の近況…「最近見なくなった」を回避

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言が全国に拡大していく中、芸能界はどう変化していくのか関係者と話をしてみた。 思い出してほしいが、昨年4月と5月の緊急事態宣言時には芸能界の仕事はほぼストップ。テレビドラマの連続モノは途中で休止や延期になったし、初期のバラエティー番組は収録ができないため、再放送、名場面集、総集編といったものがゴールデンタイムに放送された。映画館も閉鎖で、製作することすらできない。歌手のコンサートも休演が相次いだ。

 しかし、今回はほとんどの芸能活動が通常通りに行われている。テレビ局のスタッフに聞いても「もう慣れているから普段からの対策をキチッとやれば問題ない」という答えだった。リモートを組み合わせた報道系番組はもちろん、街歩き系番組も出演者がマスクやフェースガードをして放送するのが当たり前になっている。映画館も時短や定員の半数で営業しているので映画製作に滞りはないし、コンサートもライブ配信が定着し、グッズも通販でむしろ売り上げが以前より多いというケースも出ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る