竹内涼真の敵はゾンビより好感度?「キミセカ」最大の課題

公開日: 更新日:

 1月スタートの連ドラで今のところ頭ひとつ抜けているのが、綾瀬はるか(35)と高橋一生(40)の“入れ替わりサスペンス”「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS=日曜夜9時)だ。これまでの世帯視聴率は4話平均で14.9%と高い数値をキープしている(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「魂が入れ替わる役を演じる綾瀬さんの圧巻の演技。ネット上ではそういう意見と同時に、原作のないオリジナル脚本だけに、今後の展開の“考察”も盛り上がっています」(テレビ誌ライター)

 考察といえば、ちょうど1年前に同じ“日曜劇場”で放送された「テセウスの船」が盛り上がったのが記憶に新しい。5話まで世帯視聴率11%台だったのが、後半に数字を上げて、最終回では19.6%という盛り上がりをみせた。

 その「テセウスの船」に主演していた竹内涼真(27)が、今期は日本テレビの“日曜ドラマ”「君と世界が終わる日に」(夜10時30分)に主演している。公式HPには「ゾンビサバイバル×ラブストーリー×ミステリー 3つの軸が絡み合う、“究極の人間ドラマ”」とある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る