著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

田原俊彦デビュー42年 還暦になっても踊り続けるプライド

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(27)

 田原俊彦が2月28日に還暦を迎える前日にNHK・BSプレミアムでワンマンライブが放送される。

 今年デビュー42年。今もアイドル一筋に歌い続ける姿は敬服されている。

「皮肉なことにジャニーズを退所している田原俊彦と郷ひろみだけが年を重ねてもアイドル歌手を続けている。これこそ、ジャニー喜多川が教えてきたこと。特に田原はいまだに歌って踊っている。ジャニーさんの精神を受け継ぐ誇るべき卒業生なのに退所した人の活躍は無視するかのように冷たいのがジャニーズ。残念ですね」(芸能関係者)

 ジャニーズのソロ歌手は長続きしないジンクスを破った田原の全盛期の人気は凄かった。ファンの間では「スーパーアイドル」と呼ばれ、後輩たちも一目置く存在だった。テレビ局も田原が出演する際は、数人の幹部が玄関まで送迎するVIP扱い。女性スキャンダルもあった。中山美穂とは堂々とハワイ旅行に出かけ、結婚を直談判したほど。夢はかなわずに終わった。普通のアイドルなら致命傷にもなるが、実力と人気で吹き飛ばしたのもスーパーと呼ばれるゆえんだろう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路