小室圭さん「説明責任を」と…宮内庁長官の苦言が尾を引く

公開日: 更新日:

 天皇陛下が誕生日会見で、秋篠宮家の眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚問題について触れた。これが「異例のこと」と騒がれている。もともと秋篠宮家の問題ゆえ、答えないという選択肢もあったのだが、あえて触れたことが“異例”と受け取られているのだ。

 いったい何があったのか。実は、これには伏線があると考えられる。宮内庁の西村泰彦長官の昨年12月の発言である。西村長官は定例記者会見で、眞子さまと小室さんの結婚について、異例ともいえる苦言を呈した。

「これからご結婚に向けてきっちり説明をしていくことで、批判に対してこたえていけることになろうかと思いますので、説明責任を果たすべき方(小室さん)が果たしていくことが極めて重要だと考えています」

 2019年の1月に、小室圭さんが金銭トラブルについて「母も私も解決済みと理解」しているとの文書を出して以来、11カ月近く沈黙を続けているため、小室さん側に、黙っていては誤解を与えるからきちんと説明すべきだと述べたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る