碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

NHK・Eテレが攻める「植物に学ぶ生存戦略」は知的遊戯

公開日: 更新日:

 NHK・Eテレには「いつ放送されるか分からないシリーズもの」という不思議な番組が存在する。

 この不定期レギュラーにおいて、「香川照之の昆虫すごいぜ!」と並ぶ傑作と呼べるのが「植物に学ぶ生存戦略」だ。俳優の山田孝之が、植物の生態を「擬人化」して語るマニアックな内容は、一度見たら病みつきになる。聞き手は林田理沙アナウンサー。

 先週25日、昨年の夏以来となる待望の第5弾が放送された。3つの植物が登場したが、ツバキと西麻布が同じ「生存戦略」だという説明に笑った。キーワードは「一見さんお断り」だ。

 ツバキは冬にだけ花を咲かせ、しかも虫ではなく鳥だけに花粉を提供する。それが最寄り駅もなく、客をセレブに限定した西麻布と共通しているというのだ。「(女性の)お持ち帰りはタクシーです」と真顔で話す山田。真面目な顔で聞く林田。微妙な間がおかしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る