二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

名脇役→主役へ 田中邦衛さんのシャイで不器用な俳優人生

公開日: 更新日:

 ドラマ界は脇役ブームが続いている。数々の作品に起用されるうちに「この人いい俳優ね」と主役並みに注目度が増し、やがて主役にまで上り詰める。ムロツヨシ田中圭は今や引っ張りだこの人気を誇るまでになった。

 3月24日に亡くなった田中邦衛さん(享年88)は昭和を代表する名脇役だったが、今の時代とは色合いが違う。加山雄三の「若大将」や高倉健の「網走番外地」などシリーズを通してこれほど存在感を示した脇役はいない。

「邦衛さんがいてこそ主役が生きていた。他の俳優では務まらない絶対的なキャラがあった。邦衛さんなくしてヒットはなかった」と映画関係者は話す。

 田中の特異まれなキャラを見抜いた脚本家の倉本聰が起用したドラマ「北の国から」で主役に抜擢。田中の代表作となった。

「監督が俳優を育てた」といわれた昭和の映画全盛期。黒沢明監督と三船敏郎、山田洋次監督と渥美清に次ぐ倉本・田中のコンビだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る