チャーリー浜さん死去 定番ギャグ“ごめんクサイ”誕生秘話

公開日: 更新日:

 黒メガネにチョビひげでおなじみ、吉本新喜劇のチャーリー浜さんが18日に呼吸不全、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去していたことが21日明らかになった。78歳だった。葬儀はすでに近親者のみで執り行われたという。

 チャーリー浜さんは1962年に新喜劇に入団。大村崑のそっくりさんとして舞台「とんま天狗」で共演。下手にはけた大村崑が上手から登場するというイリュージョンで笑いをとった。看板ギャグ「……じゃあ~りませんか」で91年には「新語・流行語大賞」、92年に「上方お笑い大賞・金賞」を受賞。よしもとNSC講師で漫才作家の本多正識氏は「チャーリー浜さんは新喜劇の看板でした」としてこう続ける。

「とぼけた警官役など出番はちょっとだけど、定番のギャグで笑いを全てさらっていく“新喜劇の顔”でした。私も新喜劇の台本を書かせていただき『ココでお願いします』とお願いすると『ハイハイ~』と言うだけであとはおまかせ。楽屋では専用のロッキングチェアに静かに座っていらしたのを覚えています。本当かどうか定かではありませんが、『ごめんください』と言うつもりが本番で間違えて『ごめんクサイ』と言ったらドカーンとウケてギャグが生まれたと言われています。楽屋では穏やか、本番でパッと輝くチャーリーさんならありえそうな伝説です。楽屋のロッキングチェアを見て『チャーリーさん出てはるんやな』と思っていました。もうあの椅子がないのかと思うと寂しいです」

 昨年3月、よしもと祇園花月で開催された配信イベント「チャーリー浜をもっと知ろう!」に出演したのが最後の仕事に。

 配信ライブで主役を張り、最後まで新喜劇の顔として走り続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

  10. 10

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

もっと見る