二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

石橋貴明と鈴木保奈美はYouTubeで発表「離婚報道」ほど難しいものはない

公開日: 更新日:

 お笑いタレントと女優夫婦の先駆者的な存在だった石橋貴明鈴木保奈美が公式ユーチューブで離婚を発表した。

 22年半前、バツイチ同士で結婚を発表。当時、鈴木は初の大河ドラマ「元禄繚乱」の撮影の真っただ中での「でき婚」となり、業界も大揺れとなった。母体への影響を考慮して台本を書き換え出演部分を少なくするなどNHKと鈴木側で調整された。

 女優は先々のスケジュールに合わせて体調管理する。「でき婚なんてプロ意識のない女優がすること」と非難する往年の女優の声もよく取り上げられた。

 周囲の反対もあったなか、それでも結婚生活は順調だった。3人の子の育児に専念するため仕事を休止して家庭に入った鈴木と働き盛りのお父さんになった石橋。家庭は安泰に見えていた。近年はとんねるずの解散や激減する石橋の仕事が話題になる程度で静かだった。それだけに突然の離婚は驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

もっと見る