二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

石橋貴明と鈴木保奈美はYouTubeで発表「離婚報道」ほど難しいものはない

公開日: 更新日:

 お笑いタレントと女優夫婦の先駆者的な存在だった石橋貴明鈴木保奈美が公式ユーチューブで離婚を発表した。

 22年半前、バツイチ同士で結婚を発表。当時、鈴木は初の大河ドラマ「元禄繚乱」の撮影の真っただ中での「でき婚」となり、業界も大揺れとなった。母体への影響を考慮して台本を書き換え出演部分を少なくするなどNHKと鈴木側で調整された。

 女優は先々のスケジュールに合わせて体調管理する。「でき婚なんてプロ意識のない女優がすること」と非難する往年の女優の声もよく取り上げられた。

 周囲の反対もあったなか、それでも結婚生活は順調だった。3人の子の育児に専念するため仕事を休止して家庭に入った鈴木と働き盛りのお父さんになった石橋。家庭は安泰に見えていた。近年はとんねるずの解散や激減する石橋の仕事が話題になる程度で静かだった。それだけに突然の離婚は驚きだ。

 離婚報道を受け「鈴木が仕事を再開した」「鈴木が個人マンションを購入していた」と離婚の予兆はあったと後出しジャンケンのごとく報道するメディア。負け惜しみのようにも見えるが、離婚ほど難しい報道はない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    香川照之はなぜ銀座で足を踏み外したのか…スポンサー筋の“配慮”でエスカレート?

    香川照之はなぜ銀座で足を踏み外したのか…スポンサー筋の“配慮”でエスカレート?

  3. 3
    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

  4. 4
    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

  5. 5
    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

  1. 6
    岸田翔太郎氏の公邸記念撮影 首相「報道で認識」でまさかの「建造物侵入罪」成立の可能性

    岸田翔太郎氏の公邸記念撮影 首相「報道で認識」でまさかの「建造物侵入罪」成立の可能性

  2. 7
    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

  3. 8
    小林麻央さんが市川海老蔵に「本当に電話番号おしえて…」と切実な訴え

    小林麻央さんが市川海老蔵に「本当に電話番号おしえて…」と切実な訴え

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    福山雅治「ラストマン」好視聴率も追い風に 堺雅人「VIVANT」早くも“初回20%超”期待の根拠

    福山雅治「ラストマン」好視聴率も追い風に 堺雅人「VIVANT」早くも“初回20%超”期待の根拠