みちょぱ「共演NGナシ」元SMAP全員と絡める逸材にした立役者は?

公開日: 更新日:

 タレントの「みちょぱ」こと池田美優(22)の“高需要”が止まらない。

 昨年4月に「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で「みちょぱスゴイぞ芸人」が特集されたり、「スッキリ」(日本テレビ系)の木曜コメンテーターや、「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)のレギュラーと、今やお茶の間の顔。「2021上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、帯のレギュラー番組がないにも関わらず、239本で5位にランクインするほどの活躍ぶりである。

 今年3月には、元関西ジャニーズJr.で、モデルでタレントの大倉士門(28)との同棲が発覚するも、むしろ隠さない姿勢が評価され、ノーダメージだった。

 テレビにとどまらず、インターネット番組でも活躍。動画配信サイト「GYAO!」ではお笑いコンビかまいたちとの新番組「かまいちょぱbyよしログ」に出演中。さらに元SMAP稲垣吾郎(47)、草彅剛(47)、香取慎吾(44)の月に一度の生配信バラエティー「7.2新しい別の窓」(Abema)の準レギュラーも。しかも今、元SMAPの木村拓哉(48)の冠バラエティー番組「木村さ~~ん!」にもゲスト出演し、連動番組のラジオ「木村拓哉Flow supported by GYAO!」(TOKYOFMほか)の8月マンスリーゲストとして木村と共演中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”