本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

間寛平さんは本当に走るのが好き 開演30分前になってもランから戻らず…

公開日: 更新日:

「アヘアヘアへアへ……」「かい~の」などのギャグでおなじみの間寛平さん。コロナ禍の中、1年遅れで「芸能生活50周年+1記念公演」も終えられました。本来なら“師匠”とお呼びしないといけないのですが、数年前に「寛平師匠」とお呼びした時に「こそばい~からやめて」ということで「さん」と呼ばせていただいています。

 師匠クラスともなると、さまざまな噂が語られますが、寛平さんへの悪口、陰口は一切なく、とにかく「いい人」しか聞いたことがありません。直接にお仕事をさせていただいたことが数えるほどしかない私にすら、毎回笑顔で「元気にしてる?」と聞いてくださり、若いスタッフにも腰が低い。誰に対してもその対応が変わることがなく、画面や舞台で見るはちゃめちゃな“間寛平”ではなく、物静かな紳士です。

 10年以上も前、テレビ局の食堂でお会いした際、仕事が忙しいにもかかわらず過酷なレースに出場される寛平さんに「お体のことを考えてあまり過酷なレースに参加されるのは心配です」とお話しすると「おおきに、けど走んのん好きやねん。“止まると死ぬんじゃ~(ギャグ)”いうのんホンマやで」と満面の笑み。別れ際にも「ありがとうね、気にかけてくれて」と手を上げて去っていかれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚