細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年、岡山市生まれ、鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。7月に「沢村忠に真空を飛ばせた男 昭和のプロモーター・野口修評伝」(新潮社)が、第43回講談社本田靖春ノンフィクション賞を受賞。

五木ひろしの光と影<16>「よこはま・たそがれ」誕生秘話…演歌ではなくアメリカンポップス

公開日: 更新日:

 山口洋子は「全日本歌謡選手権」で6週目まで勝ち抜いた無名の下積み歌手、三谷謙の再デビューをプロデュースしようと、平尾昌晃に8編の詞を渡した。平尾によると、いずれも凡庸なもので「これじゃあ、ちょっと難しいかな」と感じた。しかしその中に「あの人は行ってしまった」という不思議なタイトルの詞があった。不思議なのはタイトルだけではない。詞も不思議なものだった。名詞が羅列しているだけなのだ。

「これだけは面白そうだな」と思った平尾はアコースティックギターを手に取った。

 筆者は生前の平尾昌晃にその作曲法を聞いている。「シセン」(詞が先にある場合)は適当にそのフレーズを口ずさみながら「フンフンフンフン」と、なんとなく曲を付けていく。

 詞がいいとすぐに曲が乗る。詞がよくないとなかなか曲は乗らない。「詞がイマイチ」とはそういう意味だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか