著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

広瀬アリス「マイハル」苦戦で本田翼に“復活”チャンス到来! "ジャニーズ色"薄く同性が支持

公開日: 更新日:

 広瀬アリス(28)が自身の「激やせ」を心配するファンに対し、現在放送中の“火曜ドラマ”枠「マイ・セカンド・アオハル」(TBS系)の収録に触れ、「暑い時期に撮ってるとさ 何もせずとも 体感、サウナスーツ着てるような感じなのよ 一日中汗まみれ。塩分全部ひかれていくのよ(中略)元気だよ俺」と「X」(旧ツイッター)で“反論”した。広瀬は先日「整形した?」という心ない声に「痩せただけで 整形してませーーーーーーーん!!!」と律義に返していたが、改めてやせた理由について説明した。

 広瀬の激やせについて芸能関係者の間で諸説囁かれているが、多く聞かれるのが出演する2本の連続ドラマの不振だ。一つは嵐・松本潤(40)からの熱烈なラブコールで徳川家康の側室“於愛の方”を演じたNHK大河ドラマ「どうする家康」が、大河史上最低の視聴率を記録した「いだてん~東京オリムピック噺~」に肉薄する数字で推移していること。そしてもう一つは、冒頭で触れた「マイハル」が視聴者にソッポを向かれていることだ。

「マイハル」は、なにわ男子道枝駿佑(21)との共演でも初回視聴率は5%半ばという低さだったが、第3話には4%半ばと下降線をたどっていて、このまま推移すればTBS系の連続ドラマ看板枠“火曜ドラマ史上最低”の視聴率を塗り替えることになるのは間違いなさそうだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント