キムタク、櫻井翔は黄昏を迎えそう…テレビ正月特番でわかった元ジャニタレたちの浮沈

公開日: 更新日:

 旧ジャニーズのファンにとって、この正月はさぞ不満だっただろう。去年まではどのチャンネルもジャニタレてんこ盛りだったのに、今年は数えるほどしか出演がなかった。性加害問題でテレビ局が起用を抑えたこともあるが、ジャニーズ事務所の押し付けがなくなれば、本当に使えるジャニタレは実はそれほど多くないということでもある。そんな彼らの今年の浮沈を占ってみると──。

 まず、タレント人生のたそがれを迎えそうなのが木村拓哉。元日に例年通り「さんタク」(フジテレビ系)は放送されたが、おいしいところはSnow Manに持っていかれ、能登半島地震の速報で番組後半が吹っ飛んでしまったのも、何かを暗示しているようだった。撮影延期となった主演ドラマ「教場」(フジ系)の続編は放送されるのか不明だし、最近は仕事のスケジュールに“空き”が目立つという。

 ただ、ジャニーズ事務所の後継会社「STARTO ENTERTAINMENTスタートエンターテイメント)」でも看板なので、福田淳CEOはテレビ各局にセールスをかけていて、キムタクの露出は増えるかもしれない。その必死さが、かえって落ち目を感じさせることにならなければいいが……。

 櫻井翔も今年は厳しい。性加害問題で明確なメッセージを発することができず報道番組のキャスター失格と評価はがた落ち、3月に有働由美子がメインキャスターを交代するタイミングで、「news zero」を降板になるとみられている。冬ドラマの「占拠」シリーズ(日本テレビ系)第2弾で主役を務めるが、視聴率が悪ければ一気に坂道を転げ落ちる心配が……。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う