芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

木村拓哉4月主演「冤罪ドラマ」スポンサー探しが難航 「Show must go on!」投稿の重いツケ

公開日: 更新日:

 木村拓哉(51)の「風間公親-教場0-」(フジテレビ系)以来1年ぶりの地上波連続ドラマ出演に芸能関係者の注目が集まっている。

 テレビ朝日系列の木曜日21時からの、いわゆる“木曜ドラマ”枠で始まる予定のこの作品。当初“忖度なしに真実を追求する報道キャスター”が木村演じる主人公だと噂されていた。しかし“性加害”で揺れる所属事務所「SMILE-UP.」の現状を踏まえて脚本は二転三転、最終決定稿は“冤罪で投獄された男が脱獄し、事件の真相を追求していく物語”に落ち着いたようだ。

 ただ、民放のテレビ番組は当然ながらスポンサーが付かなければ成立しない。故ジャニー喜多川氏による性加害が明らかになった際、“スポンサーを続けることは性加害を容認・助長しているのと同じこと”とみられるのを懸念し、所属タレントに関連するクライアントが一部を除き一斉に手を引いたのは記憶に新しい。それはこのドラマにも影響を及ぼしており、テレ朝の営業側からは苦戦の声が伝わってくる。30余年芸能取材をしている筆者からすると、木村の主演ドラマにスポンサーが付かなくて困っている話は初耳だ。2001年1月期の世帯視聴率34%超えを記録した「HERO」(フジテレビ系)はスポンサーがあふれ、次回作に持ち越された企業も出てくるほどだったという伝説もある。性加害疑惑で事務所が揺れている最中に木村が自らのインスタグラムに投稿後すぐに削除した「Show must go on!」の投稿がよほど強烈だったということだろう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める