二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

吉高由里子、永野芽郁、広瀬アリス…今期ドラマに5人も NHK朝ドラ出身女優の今が見える

公開日: 更新日:

 近年の民放ドラマは朝ドラのヒロインを務めた女優が主力を形成する。1月期も特に5人の朝ドラ女優が躍進。

 吉高由里子は朝ドラ「花子とアン」のヒロインから10年、大河「光る君へ」で主役を務めている。朝ドラ・大河の両方で主演しているのは松嶋菜々子、宮崎あおい、井上真央に次いで4人目の快挙だ。初回は12.7%(世帯視聴率)と、大河にしてはイマイチの数字。その後も伸び悩み、かろうじて2桁を維持している。

 戦国時代や幕末物が王道の大河に、馴染みの薄い平安時代の物語。主人公の紫式部も「ピンとこないし、興味が湧かない」という声もある。

 戦国物には有名な“〇〇合戦”の回に合わせて視聴者が増える可能性もあるが、今回はその期待も薄い。

 大河は1年の長丁場。NHKがどんな秘策で巻き返すか、“吉高・紫式部”の命運を握っている。

永野芽郁川栄李奈は明暗クッキリ

 初の“月9”主演で話題の永野芽郁の「君が心をくれたから」も初回7.2%から2回目以降5%台と約2ポイントダウン。相手役は実力俳優の山田裕貴日本テレビ系ドラマ“ハコヅメ”で共演した人気コンビにもかかわらず視聴率は空回り。「出演者よりもドラマの内容が優先」と言われる時代。内容が敬遠されたようだ。恋人の命を救うファンタジーラブストーリーの触れ込みだが、「2人の演技は素晴らしいが、内容が暗くてついていけない」という声を聞く。ハコヅメで見せた明るいキャラの永野と、とぼけた味を出すのがうまい山田に期待した向きには消化不良。視聴者離れも道理だろう。

「月9」の看板を守るためにオリジナル作品にこだわったのが逆にマイナスになったのかもしれない(?)。“月9”は早々に4月期に広瀬アリスの起用を発表。「永野がダメなら広瀬で」ということか?

 対照的に女優のキャラを生かしたドラマが「となりのナースエイド」(日テレ系)の川栄李奈。朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のヒロインから一躍、主役の座に上りつめた川栄。今回は病院内を舞台に笑いありミステリーありの物語。ナース役の川栄の明るいキャラと、相手役の高杉真宙との息の合ったぶつかり合いも見る人を和ませる。7%台をコンスタントにキープは視聴者離れが起きていない証し。永野と川栄。作品選びで明暗が出てしまった。

「若手俳優の作品選びは事務所の判断のほうが大きい。失敗すれば女優の“黒歴史”として残ることもある」(芸能関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う