井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

谷原章介はたびたび“うっかり発言”でネットをザワつかせるが…気の毒に思えることも少なくない

公開日: 更新日:

 猫と犬に関する情報番組に出演し、迷い鳥を捜す張り紙に話題が及ぶと、「鳥捜してますの場合、無理じゃん」「いや、無理だと思うよ」とうっかり発言し、愛鳥家を中心に炎上してしまった真鍋かをり。愛犬家として心配になるのはわかると、寄り添うだけで炎上せずに済んだだろう。

 テレビでのうっかり発言でたびたび炎上しているのが谷原章介(51)。昨年の春先、自身がMCを務める情報番組で続けざまに「うっかり炎上」をやらかし、ネットをざわつかせた。

 2月、子どもの貧困問題が取り上げられると、今の子どもは皆が「ユニクロみたいな安い服を着て」いて貧困問題が見えにくい、さらに「安い服しか着れない人もいるかも」と続け、一般人を下に見ていると炎上。3月には女性アナウンサーを同僚が「荷物が多くてリュックを背負って」るイメージだと紹介したことに、「女性ってリュック背負うんですね」と心底驚く様子が女性蔑視だと炎上。

 さらに6月、広末涼子不倫騒動を受け、夫のキャンドル・ジュンが会見すると、広末がどこまで夫の「発言の内容を理解していたのか、許可をしたのか気になる」とコメントし、広末が許可したかどうかは関係ない、気にするところがズレていると、またも炎上した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル