著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

俳優・木村拓哉に必要なのは「人気シリーズ作品」 かつて主役を務めてきた名優たちの共通点なのだ

公開日: 更新日:

 4月期ドラマで注目されていた長谷川博己の「アンチヒーロー」と、木村拓哉の「Believe」。決着が見えてきた。長谷川は2桁を維持しているが、木村は2桁を割り9%台。今どきのドラマの数字としては合格点だが、テレ朝期待の大型ドラマである。蓮舫氏のかつての名ゼリフではないが「2位じゃダメなんですか」というわけにはいかない。

 テレビ関係者は「最低でも4月期1位を狙っていたが、TBSの日曜午後9時枠に負けたショックは大きいと思います」という。

 木村の俳優としての下地を構築してくれた旧ジャニーズも、1位にこだわる事務所だった。新曲発売や主演映画の公開のたびに、「初登場で1位」の大きな文字がスポーツ紙の紙面を飾っていた。2位では紙面に載らない。ダメだったのだ。

 今回のドラマが1位を獲得できなかった原因は、さまざまな指摘がなされるだろうが、とくに感じるのはビジュアル・セリフだけを切り取ってみても、若い頃に戻ったように「カッコいいキムタク」を前面に押し出しているように見える点。


 主演クラスの脇役も「木村のために協力」しているように見えてしまう。脇に回っても主役オーラは消せないもの。木村の妻役がピンとこない天海祐希も木村と絡まないシーンでは「緊急取調室」の真壁有希子そのものだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで