小芝風花“独立”報道で指摘される「働き過ぎ」の正体…オスカープロ復活の立役者に何が

公開日: 更新日:

 急転直下の独立報道があったのが、4クール連続でドラマの主演、ヒロインを務めるなど飛ぶ鳥を落とす勢いの女優、小芝風花(27)だ。

 小芝は年内で所属事務所のオスカープロモーションから独立すると、写真週刊誌「FRIDAY」(2024年6月7・14日号)が報じている。7月期のドラマ「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」(日本テレビ系)で主演を務める小芝は、来年のNHK大河ドラマ「べらぼう~蔦重栄華乃夢噺」に出演が決まっている。女優の好感度ランキングでは上位に食い込み、今や事務所の大黒柱の一人だけに、小芝の突然の独立報道は驚きをもって受け止められている。

「美の総合総合商社と言われるオスカープロがピンチに陥ったのが19年から20年にかけて。主力の米倉涼子忽那汐里剛力彩芽岡田結実堀田茜などが相次いで退所したことで、存続の危機がささやかれました。そんな窮地を救った一人である小芝は、オスカー復活の象徴といっていいでしょう」(芸能ライター)

 FRIDAYによると、小芝の独立は所属事務所内でも一部の上層部のみが知るトップシークレットとのこと。だが、小芝に関しては独立騒動につきものであるタレントと所属事務所間の不協和音が聞こえてこない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」