《峰不二子みたい》NHK中川安奈アナ「独立説」飛び交う背景…話題のインスタは謎の“更新なし”状態

公開日: 更新日:

 NHK次期エースの最有力候補ともいわれる中川安奈アナウンサー(30)の“独立説”が、テレビ業界内でささやかれ始めているらしい。健康的な美ボディーに明るいキャラを併せ持ち、インスタグラムに投稿する近影がネット上で話題になったが、約4カ月更新がなく“謎の沈黙”を続けている。閉会式の中継を担当する夏のパリ五輪後に「動き」があるとの見方も出ているようだ。

「中川アナは昨年5月に個人のインスタグラムを開設。美ボディーがくっきり浮き出るようなコーデの最新ショットをたびたび掲載。これまでのNHKアナとは毛色が違うグラドルのような容姿が、昨年末ごろからSNS上で《峰不二子みたい》などと話題になりました。が、今年2月末の投稿を最後に、6月中旬の時点で4カ月近く更新がない状態が続いています。因果関係は不明ですが、インスタが話題になったことで、局幹部の中には眉をしかめる人もいたそうですから、気になります」(スポーツ紙芸能デスク)

 中川アナは10歳ごろから約4年間、中米プエルトリコに住んだことがあり、たびたび自らを「ラテン系」と称している。慶応大時代には「ミス慶応コンテスト」でファイナリストになり、2016年にNHK入局。地方局を経て2020年春から東京アナウンス室所属となった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」