竜星涼《平安ニーニー》隆家役で演技派の本領発揮!「光る君へ」永山絢斗の代役と忘れるほどのハマり役

公開日: 更新日:

 ネット上には《ハマりすぎてて、代役ってこと、すっかり忘れてた》なんて感想もある。吉高由里子(35)主演のNHK大河ドラマ光る君へ」に、藤原隆家役で出演中の竜星涼(31)をめぐるコメントが沸いている。

「竜星さん、イキイキとしていて目の光も強く、隆家を演じるのがとにかく楽しくって仕方ないという印象ですよね。あまりに隆家役がぴったりとハマりすぎていて、実は代役だったという事実を忘れている視聴者が多い。私もうっかりすると忘れそうなほどです」と笑うのは、芸能ライターのエリザベス松本氏だ。

 当初、隆家役を演じると発表されていたのは俳優の永山絢斗(35)。2023年6月に自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた。同9月に懲役6カ月、執行猶予3年を言い渡されている。永山は決まっていた隆家役を降板し、代役に竜星が選ばれたというわけである。

「ところがふたを開けてみたら、あまりにも竜星さんの隆家が良かった。《ホントは竜星涼での当て書きなんじゃ?》《むしろ永山絢斗より似合ってる》なんて声もチラホラ。生まれながらの陽キャで調子がいいけど計算高い。自分大好き超ポジティブ志向だけれど、人をけむに巻くところもある。いい加減なところだらけなのに、やたらと目がキラキラしていて、なんかちょっと憎めない隆家なんですよね」(前出のエリザベス松本氏)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変