スキルス性胃がん 堀江しのぶ 23歳で急逝

公開日: 更新日:

 女性誌は堀江の闘病生活を伝えるとともに「急激ダイエットの恐怖」など特集を組み、異常な当時のダイエットブームに警鐘を鳴らした。その一方で、男性誌には過激なダイエットで月経異常が起きることはあるが、卵巣のう腫になることはあり得ないとする反論記事も掲載される。

 期せずして起こった場外乱闘に、所属事務所は「ダイエットが原因なんて書かれて困っています。取材はお断りします」とダンマリ。主治医も「守秘義務もあり、何も話せません」と黙秘を貫いた。

 手術後の堀江だが、地元の名古屋に戻って闘病を続けていた。一時は病状が落ち着き、買い物に出かけられるほどの回復を見せたが、5月には腎機能が低下し、尿管のバイパス手術を受けるなど容体は徐々に悪化。9月13日午前4時28分、堀江は入院先の名古屋の病院で帰らぬ人となる。


 芸能マスコミも堀江のがんを知ったのは死の直前。突然の訃報に、驚きとともに悼む声が数多く寄せられた。堀江は最後までがんであることを知らず、亡くなる直前まで仕事のことを気にしていたという。

◇1988年9月 13日、パソコン通信PC―VANで国内初のコンピューターウイルス発見。14日、ダイエーが南海ホークスの買収を発表。同日、阪神掛布雅之が現役引退発表。17日、ソウル五輪開幕。29日、明石家さんま大竹しのぶが電撃結婚。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  4. 4

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る