接触事故で筧利夫との焼き肉デートが発覚した富田靖子

公開日: 更新日:

■1992年3月

 83年、中学3年の時にオーディションで映画「アイコ十六歳」のヒロインに選ばれデビュー。その後も次々と話題作に出演し、実力派女優として活躍する富田靖子だが、92年の軽い接触事故がマスコミに大きく取り上げられる騒ぎとなった。

 3月23日の午後11時15分ごろ、渋谷区の住宅街でのことだった。みぞれの降る中で車を運転していた富田(当時23)は一時停止の標識を見落として、交差点に入り、左から来たタクシーと接触してしまった。もっとも、2台ともゆっくり走っていたため大事故には至らず、バンパーやライトを破損する程度。タクシーの乗客2人も軽傷だった。

 これが明るみに出たのは1週間後のこと。富田は「ゆっくり走っていたんですが、前方しか見ていなくて」「お騒がせしてすいません。私の不注意で、いろいろな人にご迷惑をかけてしまいました」「早く会ってお詫びしたいです。今後、できる限りの誠意を尽くしたい」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る