日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「葛城事件」が描き出す無差別殺人犯の発生原理と心理

 フロリダ州オーランドのナイトクラブで起きた銃乱射事件は、51人が死亡する米国史上最悪の被害を出す悲劇となった。

 ISとの関わりが疑われることから犯人・オマル・マティーンによるテロ事件とする見方も出ているが、くしくも今週末18日(土)から、無差別殺人犯の発生原理を突き詰めた日本映画が公開されるため、関係者を驚かせている。

 赤堀雅秋監督自身が主宰する劇団「THE SHAMPOO HAT」の同名舞台の映画化「葛城事件」がそれ。主人公は、無差別大量殺人事件を起こして死刑囚となった青年の父親。三浦友和(64)が演じるこの父親は、これまでがむしゃらに働きマイホームまで建てた昔かたぎの亭主関白な男。妻と2人の息子にも恵まれ、理想の家族を得たと思っていたが、いったい彼はどこで何を誤ったのか。なぜ身内からモンスターが生まれてしまったのか――。あくまで父親の視点から「大量殺人犯はいかにして誕生するのか」という考察にまで踏み込む重厚な人間ドラマである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事