長男は父逮捕後バレーに転向も 清原次男に“野球再開”情報

公開日:

 今年2月に覚醒剤取締法違反の罪で逮捕されたプロ野球の清原和博元選手(49)。懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決が確定した6月以降、生活の拠点を大阪に移していたが、ここ最近、都内での目撃情報が相次いでいる。

「大阪で行っていた持病の糖尿病を含めた治療が一段落したのか、9月に東京に戻ってきたようです。六本木で飲食店を経営していた、以前からの支援者の一人のサポートを受け、港区内の賃貸マンションで生活している。一方で、清原に覚醒剤を譲り渡していた“密売人”が、11月1日にその名もズバリ『密売』という告白本を出版し、清原と覚醒剤の付き合いを赤裸々に明かすなど、再び周辺は騒がしくなっています。かつての遊び場所だった六本木にほど近い都内に拠点を移したこともあり、清原の“今後”を心配する声が改めて上がっている状況です」(現役時代から親交があった会社経営者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る