• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長男は父逮捕後バレーに転向も 清原次男に“野球再開”情報

 今年2月に覚醒剤取締法違反の罪で逮捕されたプロ野球の清原和博元選手(49)。懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決が確定した6月以降、生活の拠点を大阪に移していたが、ここ最近、都内での目撃情報が相次いでいる。

「大阪で行っていた持病の糖尿病を含めた治療が一段落したのか、9月に東京に戻ってきたようです。六本木で飲食店を経営していた、以前からの支援者の一人のサポートを受け、港区内の賃貸マンションで生活している。一方で、清原に覚醒剤を譲り渡していた“密売人”が、11月1日にその名もズバリ『密売』という告白本を出版し、清原と覚醒剤の付き合いを赤裸々に明かすなど、再び周辺は騒がしくなっています。かつての遊び場所だった六本木にほど近い都内に拠点を移したこともあり、清原の“今後”を心配する声が改めて上がっている状況です」(現役時代から親交があった会社経営者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る