「黄昏流星群」は低調も…中山美穂“大物の意地”見せるか

公開日: 更新日:

 下馬評が高かったドラマ「黄昏流星群」だが、初回視聴率は7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第2話も7.3%と低空飛行が続いている。その原因のひとつはヒロイン、中山美穂(48)への不評。

 ジャニーズWESTの藤井流星演じる娘の婚約者と禁断の恋に落ちる母親役なのだが、SNS上では「イケメン弁護士が思いを寄せるほどの“魔性の女”には見えない」という意見がもっぱらなのだ。

「ジャニーズの藤井流星との濃厚なラブシーンがあると予測されるため、嫉妬するファンの悪口も多いとは思うが、確かに“劣化”と言われても仕方ない面もあった。このドラマ出演に備えて高級エステに通い、バストアップやヒップアップを含めた全身施術を受けたそうですが、共演する黒木瞳、麻生祐未、八木亜希子の50代トリオが美しいだけに、余計目立ってしまった感があります」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る