著者のコラム一覧
堀田秀吾明治大学教授、言語学者

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

男と女…同じことについて話しているのに反応が異なるワケ

公開日: 更新日:

 もちろん、大学教授同士の実験ですから一概には言えません。また、スクールカーストではないですが、学生時代は男女ともに似たような環境の同性同士でつるむことも多いでしょう。

 そのため“男性的”“女性的”という感覚や態度は実は社会的な環境や因果によるところが大きいともいわれています。つまり、後天的な影響によるものが大きいのではないか、と指摘されています。

 男女における脳の働きは違うといわれている一方で、脳の構造的には変わらないという研究もたくさんあります。16年には、米ロザリンド・フランクリン大学が男女6000人の脳のMRI画像を分析し、「性差は明らかにならなかった」と結論付けているほどです。

 脳の性差は未解明ではあるものの、男性はグループを好み、女性は1対1を好む──という興味深いデータもあります。

 たとえば、少年漫画ではグループ的な構図が多いのに対して、少女漫画は親友の〇〇ちゃんとの関係性がフィーチャーされる。あるいは、男性は不良系マンガやアイドルユニットのようにグループを好む一方で、女性はBLに代表される誰かと誰かの構図に引かれるというのは、そうしたデータを裏付ける傾向かもしれません。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…