最新研究「痩せ」は危ない(1)痩せ形女性に肥満者と同様の特徴

公開日: 更新日:

 繁華街を数分歩いただけでもダイエット広告が幾つも目に入る。夏を目前とした今、一層増えている感があるが、日本の若い女性の「痩せたい願望」に警鐘を鳴らす専門家は少なくない。その一人が、糖尿病専門医である順天堂大学大学院スポーツ医学・スポートロジーの田村好史教授だ。

「1980年ごろから10年間で痩せた女性の割合が急増。20代女性においては、5人に1人が将来の健康リスクがある『痩せ』状態で、先進国において女性の痩せの割合は突出しています」(田村教授=以下同)

 近年の研究で、痩せていても肥満と同様、糖尿病のリスクが高いということが明らかになっている。しかしそれはあくまでも中年以降のデータで、痩せた若年女性については不明だった。

 そこで田村教授ら順天堂大学の研究グループは、痩せた若年女性に関する研究を実施。2021年、痩せた若年女性が肥満者と同様、糖尿病を発症しやすい状態になっている可能性があることを世界初の研究論文として発表した。

 対象は、若年女性のうちBMIで「痩せ」に該当する18.5未満の98人、「標準」のBMI18.5~23.0の56人。耐糖能異常(簡単に言うと、糖尿病のなりやすさ)を判定する検査と、食事内容や身体活動量などに関するアンケートを実施した。

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 病院のアクセスランキング

  1. 1
    耳掃除には要注意! 耳の中がカビだらけになる「外耳道真菌症」の危険あり

    耳掃除には要注意! 耳の中がカビだらけになる「外耳道真菌症」の危険あり

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ