著者のコラム一覧
酒向正春ねりま健育会病院院長

愛媛大学医学部卒。日本リハビリテーション医学会・脳神経外科学会・脳卒中学会・認知症学会専門医。1987年に脳卒中治療を専門とする脳神経外科医になる。97~2000年に北欧で脳卒中病態生理学を研究。初台リハビリテーション病院脳卒中診療科長を務めた04年に脳科学リハビリ医へ転向。12年に副院長・回復期リハビリセンター長として世田谷記念病院を新設。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」(第200回)で特集され、「攻めのリハビリ」が注目される。17年から大泉学園複合施設責任者・ねりま健育会病院院長を務める。著書に「患者の心がけ」(光文社新書)などがある。

運動器疾患と廃用症候群を予防するためにはどんな対策が必要なのか

公開日: 更新日:

 リハビリ医が「攻めのリハビリ」を実践するには、患者さんの全身管理を行う能力が欠かせません。中でも、再発を予防する医療に関する知識と対応力が求められます。

 前回お話ししたように、回復期リハビリ病棟には、脳血管疾患、運動器疾患、廃用症候群の3群の患者が入ります。今回は、運動時疾患と廃用症候群の患者さんにどのような再発予防策が必要になるのかについて解説します。

「運動器疾患」は大腿骨近位部骨折と腰椎圧迫骨折が多く、これらは転倒・転落によって生じるケースがほとんどです。そのため、リハビリで「転倒しない体」をつくることと骨粗しょう症の内服治療が重要になります。

 人の筋肉は鍛えると、たとえ100歳でも増強します。われわれの施設では、筋力と体力を上げるためにマシンや器具を使った純粋な筋力トレーニングを行っています。転倒リスクを減らすために最も重要なお尻を含めた大腿部の筋力をアップさせるトレーニングに加え、腹筋、背筋、上半身の筋力トレーニングにも取り組み、あわせてバランスと肩や股関節と脊椎の可動域を向上させます。回復期病院から退院した後も、筋肉、体力、バランス、柔軟性を保つためにはシニア専門スポーツジムでのトレーニングが必要です。スポーツジムは、若者用のマシンのみを設置している施設ではなく、インストラクターがしっかり体と心のカルテを作って管理してくれるスポーツジムを選びましょう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる