酒のうまい秋、肴のうまい店の暖簾をくぐる

公開日: 更新日:

<北千住 酒屋の酒場>

 秋は飲んべえの季節である。旬の肴を熱かんでキューッとやれば、日々の憂さもどこへやらだ。そんな期待を胸に北千住駅西口を出て、目の前の飲食店街をズンズン進む。日光街道(国道4号)を越えてさらに約200メートル、道の左側に看板が見えてきた。「酒屋の酒場」。うまい魚を出すと評判の店である。

 夕方5時をちょっと回ったところというのに、辺りは宵闇どころか、日が落ちてしまいそう。季節の移り変わりを感じつつ、暖簾をくぐれば、ご同輩たちでほぼ満員であった。やっぱり人恋しくなるのかなあ。カウンターに空いた止まり木を探して、一番奥に座る。目の前で店主の川岸道二さんが魚をさばいている、特等席じゃないか! 近くの足立市場から取り寄せた新鮮魚介類がキラキラしていて、喉が鳴る。

 生ビールの中ジョッキ530円で、はやる気持ちを抑え、頭上のメニューの札を見上げる。およそ60品目。トンカツと煮込み以外ほとんどが鮮魚をつかった料理で、100円から300円台というから驚く。隣の席に差し出された皿を見て、さらにビックリ。分厚いシメサバの切り身が10切れ以上という圧巻のボリュームなのだ。ホール係のお姉さんに小声でたずねたら、「530円です」とサラリ。「いいですねえ」と言うと、常連客から「そうだろう」と合いの手だ。本当、いいねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る