• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酒のうまい秋、肴のうまい店の暖簾をくぐる

<北千住 酒屋の酒場>

 秋は飲んべえの季節である。旬の肴を熱かんでキューッとやれば、日々の憂さもどこへやらだ。そんな期待を胸に北千住駅西口を出て、目の前の飲食店街をズンズン進む。日光街道(国道4号)を越えてさらに約200メートル、道の左側に看板が見えてきた。「酒屋の酒場」。うまい魚を出すと評判の店である。

 夕方5時をちょっと回ったところというのに、辺りは宵闇どころか、日が落ちてしまいそう。季節の移り変わりを感じつつ、暖簾をくぐれば、ご同輩たちでほぼ満員であった。やっぱり人恋しくなるのかなあ。カウンターに空いた止まり木を探して、一番奥に座る。目の前で店主の川岸道二さんが魚をさばいている、特等席じゃないか! 近くの足立市場から取り寄せた新鮮魚介類がキラキラしていて、喉が鳴る。

 生ビールの中ジョッキ530円で、はやる気持ちを抑え、頭上のメニューの札を見上げる。およそ60品目。トンカツと煮込み以外ほとんどが鮮魚をつかった料理で、100円から300円台というから驚く。隣の席に差し出された皿を見て、さらにビックリ。分厚いシメサバの切り身が10切れ以上という圧巻のボリュームなのだ。ホール係のお姉さんに小声でたずねたら、「530円です」とサラリ。「いいですねえ」と言うと、常連客から「そうだろう」と合いの手だ。本当、いいねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る